通信講座 課題7





「課題7」

課題7は和食からは「親子丼」、洋食は「海老フライ」中華は「青椒肉絲」どれもテッパンメニューで覚えておきたいものばかり!卵の使い方、プリっと仕上げるコツ、食感を均一に見た目もキレイになるコツを解説していきますね





親子丼

 

親子丼ってささっとできるのに、卵が固くなってしまったり、逆にゆるくなりすぎたりしてませんか?ほっこりするのに食べ応えもある親子丼を作るには卵の使い方はもちろん、どのくらい鶏肉に味をいれておくかで変わります。ほっこり丼の代表と言ってもいい親子丼をテッパンレパートリーに入れてくださいね。




海老フライ

 

海老フライわざわざ?と思ってる方にこそやってみてほしい「ぷりっぷり、周りはサクっと」仕上がる海老フライの極意、その仕上がりにするためのポイントを1度知ってみてください。「え?これまでと全然違う!!」となること間違いなしですよ。



青椒肉絲

 

おうち中華の代表料理のひとつ「青椒肉絲」なんといっても食材の食感を楽しめること!もしかして全ての具材をざーっと入れて炒めてませんか?ピーマンをシャキっと、たけのこは香ばしい中にふんわり、お肉はジューシー感を残すために必要なことを覚えておきましょう。これまでの青椒肉絲とはもうサヨナラですよ