Copyright© 2015-2019 PLUS ONE COOKING All Rights Reserved

ゼロからハジメルごはんのきほん

中華Vol.1(全6回) 

ごはんにあう中華のきほんをパッパと覚えちゃいましょう!実は中華は時短メニューのオンパレード!覚えておいて損はないメニューがたくさんあるんです。

 

絶対覚えておきたい定番中華6大メニューを学べるレッスンです。

​​

​【レッスンテーマ】

■1回目

・麻婆豆腐

・きほんの春巻き

・青梗菜(チンゲンサイ)の香り炒め

・わかめともやしのスープ

・杏仁豆腐

■2回目

・回鍋肉(ホイコーロー)

・スクエアかに玉

・棒棒鶏(バンバンジー)

・海老ワンタンスープ

・胡麻団子

■3回目

・きほんのチャーハン

・海老チリ

・焼きギョーザ

・酸辣湯(サーラータン)スープ

・マンゴープリン

■4回目

・黒酢豚

・鶏むね肉のカシューナッツ炒め

・中華クラゲの黒酢風味
・ザーサイとキクラゲの中華スープ

・アップルティーゼリー

■5回目

・青椒肉絲(チンジャオロース)

・中華風トマトオムレツ

・白菜の香味油和え

・舞茸のオイスター香る中華スープ

・ココナッツミルクプリン

■6回目

・八宝菜

・一口北京焼売

・イカとセロリのXO醬炒め

・大人の豆乳キャラメルプリン

​1回目

・麻婆豆腐
・きほんの春巻き
・青梗菜(チンゲンサイ)の香り炒め
・わかめともやしのスープ
・杏仁豆腐

 

麻婆豆腐

個人的に中華でまず覚えてほしいのが麻婆豆腐。なんど食べてもやっぱりおいしい!って思ってしまうメニューなんです。ただ豆腐をいれるだけ、豚ミンチを炒めるだけでは味がぼんやりしてしまいがち。そうならない理由をぜひ知ってもらいたいです。甜面醤、豆板醤といった中華調味料の2トップを使った本格麻婆豆腐を学んでくださいね

きほんの春巻き

揚げ春巻きというと細長いスティック状が定番ですが、作り置きしやすくて食べやすひとくちサイズにしました。下味に紹興酒とオイスターソースを使って風味とコク、香りがプラスされているのでそのままでも十分味わえるのがうれしいポイント。

青梗菜(チンゲンサイ)の香り炒め

そのまま炒めてるだけだと、彩りよくさらに食感をそろえるには茎の湯通しがポイント。そこに紹興酒、鶏ガラスープに香りをよくするにんにくを加えサッと炒めたら青梗菜が丸ごと味わえる箸休めになるんです。

わかめともやしのスープ

杏仁豆腐

中華のスイーツといえば杏仁豆腐ですよね。杏仁霜(キョウニンソウ)という中華調味料を使って基本の杏仁豆腐を作っていきます。ほんのり優しい甘さと、プルプルした食感を楽しんでくださいね。添えられたクコの実の栄養を知ったら驚きますよ。まさに医食同源の中華料理といえると思います。

Please reload

2回目

・回鍋肉(ホイコーロー)
・スクエアかに玉
・棒棒鶏(バンバンジー)
・海老ワンタンスープ
・胡麻団子

回鍋肉(ホイコーロー)

キャベツをおいしく食べる料理代表といっても言い過ぎでないのが回鍋肉。そのおいしさを出すには豚肉の下処理がポイント。豚肉の臭みをとるために豚肉を洗う?そうこれが大切!甜面醤ベースの甘辛ダレでごはんが止まらないこと間違いなし!

スクエアかに玉

カニ缶に入ったカニの旨みすべてを使ったかに玉を、ちょっぴりオシャレにスクエア型に仕上げました。通常のかに玉よりも厚みが薄い分、火通りを早くしたので時短メニューにピッタリ!お弁当の玉子焼きに飽きてきた方にもオススメ。

棒棒鶏(バンバンジー)

1度は聞いたことある中華のメニューじゃないでしょうか。タンパクな鶏むね肉をおいしく食べるメニューとしてはかなりオススメ。芝麻醬(チーマージャン)という中華のごまベースの調味料を使って本格的に仕上げていきます。日本のごまペーストとの風味の違いや、キュウリの下処理について学んでくださいね。

海老ワンタンスープ

ツルっとプルっとのどごしがいいワンタンをスープに浮かべました。海老をダイレクトに味わうのでこちらも下処理が大切。作る工程は少ないのに、ホッとする中華スープはこれで決まり!

胡麻団子

中華スイーツでおそらく杏仁豆腐の次に知られているメニューが胡麻団子。中はモチモチで熱々のあんこに、白ごまの香ばしい風味が懐かしさを感じさせてくれます。浮き粉とラードを使ってこの食感を生み出しているんですよ。コロコロ丸めるのが楽しくなる中華スイーツをお楽しみください

Please reload

 
 
3回目

・きほんのチャーハン
・海老チリ
・焼きギョーザ
・酸辣湯(サーラータン)スープ
・マンゴープリン

きほんのチャーハン

きっとだれもがパラっと作りたい炒飯。パラリとさせるには、ごはんの温度、たまごをいれる順番、ネギなど具をいれるタイミングが大切です。鶏ガラと昆布だしのコラボで風味もコクも絶妙になるワザも学んでくださいね

海老チリ

なんといってもそのおいしさのポイントは海老のプリッと感とチリソースの相性。海老をプリっとさせる下処理のコツは、片栗粉と卵白。そしてチリソースで使われる豆板醤の辛味をケチャップで抑え、酸味がプラスされネギやニンニクの香りがアクセントになってくれます。もちろん海老の油通しも忘れずに。